教員免許更新制はどうなる

2010年11月12日

教員免許更新制はどうなる



探偵シャーロックホームズパイプけむりから、
今日は・・・


先だって高校での友人数人と食事をする機会がありました。話題は
個人的なことから高校時代のこと、そして、やっぱり民主党政権
話・・・これが大盛り上がり。菅政権、話題作りには大いに貢献
てくれていますな。

で、その中に高校の教員もいたんですが、11月初旬、研修会に出
席した際、主催者側が教員免許更新制度の事を話したそうです。

困っていると・・・つまり、民主党政権になってこの教員免許更新
制度は廃止して、別の施策を立てると、参議院のドン輿石 東氏が
はっきりと言ったわけです。もともと、教員免許を取得する際には
この資格は一生ものと思って単位修得したわけで、更新制ですよな
どという条件はなかった
んですね。それが一部の不届きな教員のせ
いで、自己費用約3万円を払って更新するなんて納得いかないと、
この友人もそうですが、そういう声が多いわけです。

ですから、民主党になって、教員免許更新制度は廃止されると思っ
た人は相当いたわけで、その人たちは更新の手続きをしていないと
いうんですね。更新しないと免許失効となり教壇には立てません。
それがその研修会の主催者の話だと数千人に上るということだった
そうです。

早い段階でこうした実態を知った主催者の人たちは民主党を訪問、
現状を報告し早急に対処して欲しいとの陳情をしてきたわけですが
話を聞いていた民主党幹部は「お話はよく分かりました。検討いた
します。
」とのこと。次いで、文部科学省の担当官に話すと、やは
り検討しますとの返事。参院選で大敗し、教員免許更新制度廃止
法案が通る見通しが無く、そうなると現状を継続するしかないらし
い。官僚も、政権が変わってしばらくは指示待ちだったようですが
今の民主党では何も話が進まず(検討します、から話がいっこ
うに進展しない)
さすがに不安になって、最近は自主的(?)
に動くようになっているらしい。

外交も内政もいっこうに前進しない、いや後退しているというか
沈みかかっている今の日本、自民はダメだから、1回民主にやらせ
てみたら、という軽いノリで投票してしまった私たち国民、次回は
外交まで含めて、しっかりと吟味して選挙しないといけませんな。

・・・
その友人の話していた教員免許更新制はやっぱりこんな非常事態
引き起こしています。>
<教員免許>更新講習未修了5100人 失効の恐れ 文科省
                    (毎日新聞 11月11日(木))
 文部科学省は11日、今年度の教員免許更新対象者8万5487人のうち、更新講習を受けていない教員が、全国で推計5100人いると発表した。修了期限は来年3月末で、それまでに受講しないと免許は失効する。未受講者の人数は初めて推計した。来年1月中に申請すれば、2月の更新講習に間に合うとの通知を都道府県の教育委員会などに送付し、受講の徹底を図る。

 教員免許は自公政権下で10年ごとの更新が定められたが、政権交代後に民主党が抜本的見直しを表明したため、制度廃止を見込んで更新講習を受講しない現職教員が相次いだ。

 しかし、今夏参院選の民主党敗北で法改正が難しい状況となり、更新制度を巡る議論は棚上げになっている。そのため、文科省は9月にも今回と同様の通知を出して受講を促したが、20府県を対象にしたサンプル調査で、少なくとも5100人が未受講で、うち約2000人は受講予定も立てていないと推測されることが判明した。

 来年2月の更新講習は、放送大学など開講施設が限られているため、文科省は都道府県教委に地元大学などでの講習開設についても併せて要望する。【篠原成行】
>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。