ワールドカップ2006サッカー

2006年07月04日

中田選手の引退で感じたこと



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は・・・

昨日から中田英寿選手の引退について
実に多くの報道がなされていますね。

nakata3.png 

また同じサッカー界の方からも多くの
声が寄せられているようです。
総じて、まだやれるのにという驚きの
声が多かったようですが、本人の意思を
尊重するというくくり方が大半でした。

 nakata.png

そりゃーそうだね。
あれだけの選手だから、生半可な人間が
半人前の自分を棚に上げて、おいそれと
意見できるわけないもの。

 nakata2.png


僕が中田選手のHPを読んで、一番最初に
親近感持ったところ、それは・・

サッカーが純粋に好きだったけど、
プロ選手となってからは、それだけじゃだめ
なんだと、その意識を心の壁の中にしまいこんだ
といったくだり、かな。

>
プロになって以来、「サッカー、好きですか?」
と問われても「好きだよ」とは素直に言えない
自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、
大きな感動を覚えながらも子供のころに持っていた
ボールに対する瑞々しい感情は失われていった。
>
ここの部分ね。

そう、人生、ただ好きだ、だけでは生きていけない。
それを生きる糧に選んでしまったら、多分。

男女の関係でも同じです。ただただ相手が好き、
という恋愛時代から、結婚という共通の人生を
歩むパートナーの関係になれば、おのずとそこには
厳しさも必要になってきます。

なんで楽しいのかといったら、責任が伴わないから
なんですよ、きっと。

でもそれを意識して感じないようにしている人も
いる(逃げている?)わけで、そのような、
人間としてプロサッカー選手としての成長が
止まってしまった人と、同じ歩調はとれない人だと
推察しました、中田選手という人は。

オリンピックはじめ、日本代表選手に選出されても
自己記録の更新はおろか自分の成績を出し切れない
人もいます。それはいたしかたない。
でも、くれぐれも、
「(競技が)楽しめて良かったです。」なんていう
コメントはださないでほしい。

楽しむだけなら、自分の趣味の世界でやってくれ、
と言いたくなってしまうのですよ。

そう考えながら、このHP読むと、今の残された
サムライブルー、いや、オシムジャパンに求められる
新たなイレブン像
も見えてくる気がしますね。

>
これまで抱き続けてきた“誇り”は、
これからも俺の人生の基盤になるだろうし、
自信になると思う。
>

サッカーワールドカップフランス大会で、
代表枠からはずれ、帰国した三浦カズさんが
魂みたいなものは向こうに置いてきた
と言いました。

似てないですか?

プロに徹した厳しい競技人生を歩んだから
そこで培った「誇り」はどこへいこうとも
色あせないし価値を失わないのです。

僕たち普通の社会人には、ワールドカップのような
劇的で華やかな場面もないし、注目を浴びること
などもありません。
でも、「おれはプロとして恥ずかしくない仕事を
するようにしている」と自負できたら、ちょっぴり、
今回の中田英寿選手の生き方、考え方に近づいたのかも
しれません。





2006年07月03日

中田英寿の引退



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は サッカー、中田選手の話題を。

 中田1.png

ふぇ〜、びっくりしたーというのが
率直な気持ちでした。

まずあのワールドカップサッカー日本代表の中田英寿選手が
東ハトの執行役員CBO(最高ブランド責任者)
だった事、
知りませんでしたー。

しかも、東ハトが山崎製パンに買収され、
なおかつ中田英寿選手をそのまま
執行役員CBO(最高ブランド責任者)に
残す方針だとの山崎製パンの話

う〜ん、

そしてなんといっても、これ

中田選手が現役を引退するとのニュース
だってまだ29歳でしょう。
ジダンフランス代表でまだあんなに
頑張っている姿を見ると、おそらく100%の
人が、十分にやれると思いますよ。

 中田1.png 中田2.png


むしろ、今回ほかのメンバーに比べても
体力はずば抜けていたといってもいいでしょう。
何より、勝利への執念が他の選手と違ってましたよね。

だって、サムライブルーが0勝1分2敗で戦い終えて
帰国する事になったとき、高原選手のブログは
怒ったファンからのコメントで炎上
しましたが
中田選手の公式HPにそうした誹謗中傷はなかったし、
その点、僕を含め、中田選手には、新生オシムジャパン
汗をかいてもらいたかったというのが本音でしょう。

名選手の引き際、確かに難しい。

最後まで自分の信念を貫いたヒデらしい引退
宣言なのかもしれません。

バックから日本サッカーを支えてもらいたいものです。


2006年06月20日

ワールドカップ2006サッカーで考えること



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は 引き続き
ワールドカップサッカーの話題を。


日本のサッカーワールドカップ優勝オッズは・・・

>
1番人気はアルゼンチンに
=日本は1001倍−優勝オッズ〔W杯〕

2006年6月20日(火) 22時30分 時事通信

【ロンドン20日時事】英国の大手ブックメーカー(公認賭け屋)
ウィリアムヒルは20日までに、W杯最新優勝オッズを発表し、
好調のアルゼンチンが開幕直前の9倍から4倍に下り、
ブラジルを抜いて1番人気となった。
ブラジル3.25倍から4.5倍に上がって2番人気
日本は201倍から1001倍に跳ね上がった。
 3番手以下はイングランド7倍、ドイツとスペインの9倍、
イタリア13倍の順。
開幕直前に日本と同じだった韓国は1勝1分けで
2大会連続1次リーグ突破を目指しており、151倍となった。
 
[ 6月20日 22時30分 更新 ]

>

やはりね・・
あのゲーム見てしまうと、同じ日本人でも、
この倍率は、悔しいけど
受け入れざるをえませんね。

たとえは少々異なりますが、
ボクシングというスポーツ、
一瞬にして局面が変わり、
その勝敗が「見る側」からすると
劇的に変化するスポーツです。

ただし相手のパンチを性格にはかり、
間合いを見切って、
必殺の一撃がくりだされる素質のある
ボクサーの場合に限りますが。

サッカーもどんなに守っても守っても守っても、
最後に1点を取らないと、永久に勝てません。

 川口のセーブ.png

逆に言えば、
どんなに押されていても、
エースストライカーにボールをわたし、
一瞬にして、ゴールをゆらし
わずか数秒で、優劣を逆転できるスポーツです。



そう、そうしたエースストライカーがいれば。


今のところ、ジャパンには
その存在がかけています、悲しいけど。

2006年06月19日

ワールドカップサッカー決勝トーナメント進出の条件



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は ・・・

 稲本.png


厳しい結果となりました。
ワールドカップサッカー日本代表。
クロアチアに痛恨のドロー。
(クロアチアのことは
 このブログでもどうぞ)

まだ決勝トーナメント進出の可能性はありますが、
むしろもう「次回に向けてのテストマッチ」
くらいの気持ちで見たほうが気が楽かなぁ〜。

今日の夜のNHKの番組で、
前日本代表の岡田さんが、
珍しく、
あとは、ジーコに
(ブラジルサッカー協会などへ)
電話してもらうのが効果的

みたいな、ジョークを飛ばしてましたが、
同じこと考えてるんだーと
思わず笑ってしまいました。;(^.^);


順位表確認

順位.png


  
まずブラジルがイチ抜け。

この次のクロアチア vs 豪州で、
オーストラリアが勝ったら
これでこの組は決まり(日本の進出ならず)


引き分けの場合は、

日本はブラジルに勝てば勝ち点は4で
豪州に並びます(クロアチアは敗退です)
得失点差(日本はー2)があるので、
2点以上の差をつけて勝つことが条件です。

(仮にクロアチアー豪州が、0−0の引き分け
 ⇒ 日本がブラジルに例えば2−0のように
   2点差で勝つと、得失点(0)も
   総得点(3)も並ぶのですが
   その場合はどうなる?

 仮にクロアチアー豪州が、1−1の引き分け
 ⇒ ブラジルに3点差以上で勝たないとダメ
   ここももし、ちょうど3点差だと、
   得失点も総得点も並びますが失点の差で
   日本が勝ち抜け。)

クロアチアが豪州に1−0で勝った場合


⇒ 日本がブラジルに2点差で勝つと、
  勝ち点は4でクロアチアと並び、豪州は敗退。
  得失点差も日本とクロアチアが並びますが、
  総得点で日本が上回るので日本の進出が決まる。
  (総得点は日本が3、クロアチアが1)
  もちろん、ブラジルに3点以上の差をつけて勝てば
  文句なしです。

こうしてみると、ブラジルに3点差の勝利など
神風が吹いても無理そうなので、
0−0の引き分けか、
1−0(2−1もダメ)で
クロアチアに勝ってもらい、
日本は2−0でブラジルに勝つ。

これがベストシュミレーションですかね。

どう考えても無理っぽいかぁ。
(もし計算方法など間違ってたらごめんなさい。
 上の表を参考にご自身でもやってみてください。)


海外からの昨日の試合に関する
関連ニュース記事をどうぞ。
「かわいそうなジーコ」などと
タイトルがありますよ。
もうひとつはクロアチアからの記事です。

続きを読む
カテゴリ「ワールドカップ2006サッカー」の記事一覧
2006年07月04日

中田選手の引退で感じたこと



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は・・・

昨日から中田英寿選手の引退について
実に多くの報道がなされていますね。

nakata3.png 

また同じサッカー界の方からも多くの
声が寄せられているようです。
総じて、まだやれるのにという驚きの
声が多かったようですが、本人の意思を
尊重するというくくり方が大半でした。

 nakata.png

そりゃーそうだね。
あれだけの選手だから、生半可な人間が
半人前の自分を棚に上げて、おいそれと
意見できるわけないもの。

 nakata2.png


僕が中田選手のHPを読んで、一番最初に
親近感持ったところ、それは・・

サッカーが純粋に好きだったけど、
プロ選手となってからは、それだけじゃだめ
なんだと、その意識を心の壁の中にしまいこんだ
といったくだり、かな。

>
プロになって以来、「サッカー、好きですか?」
と問われても「好きだよ」とは素直に言えない
自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、
大きな感動を覚えながらも子供のころに持っていた
ボールに対する瑞々しい感情は失われていった。
>
ここの部分ね。

そう、人生、ただ好きだ、だけでは生きていけない。
それを生きる糧に選んでしまったら、多分。

男女の関係でも同じです。ただただ相手が好き、
という恋愛時代から、結婚という共通の人生を
歩むパートナーの関係になれば、おのずとそこには
厳しさも必要になってきます。

なんで楽しいのかといったら、責任が伴わないから
なんですよ、きっと。

でもそれを意識して感じないようにしている人も
いる(逃げている?)わけで、そのような、
人間としてプロサッカー選手としての成長が
止まってしまった人と、同じ歩調はとれない人だと
推察しました、中田選手という人は。

オリンピックはじめ、日本代表選手に選出されても
自己記録の更新はおろか自分の成績を出し切れない
人もいます。それはいたしかたない。
でも、くれぐれも、
「(競技が)楽しめて良かったです。」なんていう
コメントはださないでほしい。

楽しむだけなら、自分の趣味の世界でやってくれ、
と言いたくなってしまうのですよ。

そう考えながら、このHP読むと、今の残された
サムライブルー、いや、オシムジャパンに求められる
新たなイレブン像
も見えてくる気がしますね。

>
これまで抱き続けてきた“誇り”は、
これからも俺の人生の基盤になるだろうし、
自信になると思う。
>

サッカーワールドカップフランス大会で、
代表枠からはずれ、帰国した三浦カズさんが
魂みたいなものは向こうに置いてきた
と言いました。

似てないですか?

プロに徹した厳しい競技人生を歩んだから
そこで培った「誇り」はどこへいこうとも
色あせないし価値を失わないのです。

僕たち普通の社会人には、ワールドカップのような
劇的で華やかな場面もないし、注目を浴びること
などもありません。
でも、「おれはプロとして恥ずかしくない仕事を
するようにしている」と自負できたら、ちょっぴり、
今回の中田英寿選手の生き方、考え方に近づいたのかも
しれません。





2006年07月03日

中田英寿の引退



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は サッカー、中田選手の話題を。

 中田1.png

ふぇ〜、びっくりしたーというのが
率直な気持ちでした。

まずあのワールドカップサッカー日本代表の中田英寿選手が
東ハトの執行役員CBO(最高ブランド責任者)
だった事、
知りませんでしたー。

しかも、東ハトが山崎製パンに買収され、
なおかつ中田英寿選手をそのまま
執行役員CBO(最高ブランド責任者)に
残す方針だとの山崎製パンの話

う〜ん、

そしてなんといっても、これ

中田選手が現役を引退するとのニュース
だってまだ29歳でしょう。
ジダンフランス代表でまだあんなに
頑張っている姿を見ると、おそらく100%の
人が、十分にやれると思いますよ。

 中田1.png 中田2.png


むしろ、今回ほかのメンバーに比べても
体力はずば抜けていたといってもいいでしょう。
何より、勝利への執念が他の選手と違ってましたよね。

だって、サムライブルーが0勝1分2敗で戦い終えて
帰国する事になったとき、高原選手のブログは
怒ったファンからのコメントで炎上
しましたが
中田選手の公式HPにそうした誹謗中傷はなかったし、
その点、僕を含め、中田選手には、新生オシムジャパン
汗をかいてもらいたかったというのが本音でしょう。

名選手の引き際、確かに難しい。

最後まで自分の信念を貫いたヒデらしい引退
宣言なのかもしれません。

バックから日本サッカーを支えてもらいたいものです。


2006年06月20日

ワールドカップ2006サッカーで考えること



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は 引き続き
ワールドカップサッカーの話題を。


日本のサッカーワールドカップ優勝オッズは・・・

>
1番人気はアルゼンチンに
=日本は1001倍−優勝オッズ〔W杯〕

2006年6月20日(火) 22時30分 時事通信

【ロンドン20日時事】英国の大手ブックメーカー(公認賭け屋)
ウィリアムヒルは20日までに、W杯最新優勝オッズを発表し、
好調のアルゼンチンが開幕直前の9倍から4倍に下り、
ブラジルを抜いて1番人気となった。
ブラジル3.25倍から4.5倍に上がって2番人気
日本は201倍から1001倍に跳ね上がった。
 3番手以下はイングランド7倍、ドイツとスペインの9倍、
イタリア13倍の順。
開幕直前に日本と同じだった韓国は1勝1分けで
2大会連続1次リーグ突破を目指しており、151倍となった。
 
[ 6月20日 22時30分 更新 ]

>

やはりね・・
あのゲーム見てしまうと、同じ日本人でも、
この倍率は、悔しいけど
受け入れざるをえませんね。

たとえは少々異なりますが、
ボクシングというスポーツ、
一瞬にして局面が変わり、
その勝敗が「見る側」からすると
劇的に変化するスポーツです。

ただし相手のパンチを性格にはかり、
間合いを見切って、
必殺の一撃がくりだされる素質のある
ボクサーの場合に限りますが。

サッカーもどんなに守っても守っても守っても、
最後に1点を取らないと、永久に勝てません。

 川口のセーブ.png

逆に言えば、
どんなに押されていても、
エースストライカーにボールをわたし、
一瞬にして、ゴールをゆらし
わずか数秒で、優劣を逆転できるスポーツです。



そう、そうしたエースストライカーがいれば。


今のところ、ジャパンには
その存在がかけています、悲しいけど。
2006年06月19日

ワールドカップサッカー決勝トーナメント進出の条件



シャーロックホームズ
パイプのけむりから、
今日は ・・・

 稲本.png


厳しい結果となりました。
ワールドカップサッカー日本代表。
クロアチアに痛恨のドロー。
(クロアチアのことは
 このブログでもどうぞ)

まだ決勝トーナメント進出の可能性はありますが、
むしろもう「次回に向けてのテストマッチ」
くらいの気持ちで見たほうが気が楽かなぁ〜。

今日の夜のNHKの番組で、
前日本代表の岡田さんが、
珍しく、
あとは、ジーコに
(ブラジルサッカー協会などへ)
電話してもらうのが効果的

みたいな、ジョークを飛ばしてましたが、
同じこと考えてるんだーと
思わず笑ってしまいました。;(^.^);


順位表確認

順位.png


  
まずブラジルがイチ抜け。

この次のクロアチア vs 豪州で、
オーストラリアが勝ったら
これでこの組は決まり(日本の進出ならず)


引き分けの場合は、

日本はブラジルに勝てば勝ち点は4で
豪州に並びます(クロアチアは敗退です)
得失点差(日本はー2)があるので、
2点以上の差をつけて勝つことが条件です。

(仮にクロアチアー豪州が、0−0の引き分け
 ⇒ 日本がブラジルに例えば2−0のように
   2点差で勝つと、得失点(0)も
   総得点(3)も並ぶのですが
   その場合はどうなる?

 仮にクロアチアー豪州が、1−1の引き分け
 ⇒ ブラジルに3点差以上で勝たないとダメ
   ここももし、ちょうど3点差だと、
   得失点も総得点も並びますが失点の差で
   日本が勝ち抜け。)

クロアチアが豪州に1−0で勝った場合


⇒ 日本がブラジルに2点差で勝つと、
  勝ち点は4でクロアチアと並び、豪州は敗退。
  得失点差も日本とクロアチアが並びますが、
  総得点で日本が上回るので日本の進出が決まる。
  (総得点は日本が3、クロアチアが1)
  もちろん、ブラジルに3点以上の差をつけて勝てば
  文句なしです。

こうしてみると、ブラジルに3点差の勝利など
神風が吹いても無理そうなので、
0−0の引き分けか、
1−0(2−1もダメ)で
クロアチアに勝ってもらい、
日本は2−0でブラジルに勝つ。

これがベストシュミレーションですかね。

どう考えても無理っぽいかぁ。
(もし計算方法など間違ってたらごめんなさい。
 上の表を参考にご自身でもやってみてください。)


海外からの昨日の試合に関する
関連ニュース記事をどうぞ。
「かわいそうなジーコ」などと
タイトルがありますよ。
もうひとつはクロアチアからの記事です。

続きを読む
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。